‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

ローンシミュレーションの使用方法

2013/05/31

ローンシミュレーションを利用するには、これからローンを組む予定の金融機関のホームページを見てみるといいでしょう。金融機関のホームページでは、たいていの場合、ローンについて書かれているページの中にシミュレーションのことも書かれています。手元の資金、ローンを組もうとする額、金利や返済期間を入力すると、最終的にいくら返済することになるのかや、毎月の金額が出ます。

 

いろいろな返済パターンを試してみて、おおよその借り入れ金額を決める事ができます。ローンシュミレーションによっては、返済する金額しか計算されないものがあることには注意しておくべきでしょう。印紙代、不動産取得税、登記手数料など、ローン返済額以外にも支払わなければならない諸費用が発生します。保証料や融資手数料といったものも、ローン相手の金融機関に払う必要があります。火災保険料も、住宅購入の場合であれば必要になります。ローンシミュレーションにもさまざまありますので、ローン以外に必要となる部分をサポートしてくれるシミュレーションを利用しないと、現実との差が発生します。

 

 

一般的な簡単なシミュレーションでは、ローンに付随する諸費用が計算されていないません。実際に返済を行なう段になって、シミュレーションした支払い額よりもかなり多く払うことになって困ったなどとならないようにしましょう。付随費用が発生することを念頭に置いたうえで、ローンシミュレーションなどで返済額を調べ、ローンを借りることが重要です。

 

 

 

ローンシミュレーションの種類

2013/05/31

提供してくれる会社にもよりますが、ローンシミュレーションにはさまざまな種類があります。利率や借り入れ期間、借り入れ金額を入れるだけでよいローンシミュレーションが、もっとも多いです。このローンシミュレーションは、金融機関のほとんどで取り扱いがなされているものです。その他にも、資金計画を出せるものもあります。子供の高校、大学等の学費や、結婚、家族旅行、出産等の家族のイベントの費用、老後の資金などを設定して計算するシミュレーションです。

 

このシミュレーションでは、家族内に起きるかもしれないさまざまな出来事(出費を伴うもの)を組み込んでおけるようになっており、細かく考えていくことができます。ローンの返済がどれぐらいの額になるのかを見るローンシミュレーションもあります。ローンの返済を毎月どれだけ見積もっておけばいいのか分かりますし、住宅購入関連の経費などを設定することもできます。必要となるお金の額が最終的にどれぐらいになるのか、一目で見ることができます。ローンの借り換えに関する試算を行なうことができるローンシミュレーションも便利なものです。

 

借り換えのシミュレーションは、現在借り入れてしているローンから別のローンに借り換える際に必要な金額をシミュレーションしてくれます。このままローンを返済するか、借り換えをするか、どっちが得なのかを知ることができます。ローンのシミュレーションにはいろいろあるので、いろんなケースで返済計画を立てるのに役立ちます。ローンを借りる前に利用してみましょう。

 

 

 

ローンシミュレーションとは

2013/05/31

point300ローンシミュレーションとは、簡単に言えばローン組みの際に、利率や借り入れの期間、借り入れる金額などから、毎月の返済額を計算してみることです。ローンによって最終的にいくら返済することになるのかも確認できます。ローンシミュレーションが使われることが多いのは、住宅購入のためのローンや車両購入のためのローンなど、特に金額が大きくなるローンに対してです。特に家を購入する際に利用する住宅ローンは、借り入れ金額が大きくなるだけではありません。

 

住宅ローンは返済のための期間が長くなるので、ローンを組んだ時の返済条件によって、返済総額が大きく変わります。シミュレーションはたいへん便利なもので、毎月のローン返済額としていくら支払うことになるのかを具体的に知ることができます。ローンを組んだ後の生活費を考えたり、貯金について戦略を立てたりする場合、シミュレーションがとても大事になります。ローンのシミュレーションを行なってみれば、毎月どれだけ返済すればいいかがはっきりします。

 

余っている金額を出すには、この返済額と生活費を差し引けばいいわけです。余っている金額のうち、いくら貯金するとか、いくら教育費にするとか、ローンを組む前にきちんと考えておく事はとても重要です。転勤や転職、子供の進学や結婚など、収入に大きく関わってくるようなイベントがありますが、返済期間が長いローンを組むと、こうしたイベントにかかることになります。こうした点からも、シミュレーションをしておくことは大事になってきます。

東京スター銀行の住宅ローン

2013/04/23

住宅の購入に関して繰上返済をより有利に活用して利用したいと考えている方は東京スター銀行の住宅ローン「スターワン住宅ローン」という商品をチェックしてください。

 

この「スターワン住宅ローン」という商品は【預金がそのまま繰上返済と同じ効果】を発揮することが特徴で、普通預金が増えれば増えるほど繰り上げ返済と同様の効果を得ることができるようになります。

 

また、東京スター銀行の住宅ローンは派遣社員や契約社員でも契約することができることが大きな特徴です。

 

上記の事からも返済とは別に貯蓄するという意識さえきちんともっていれば、あまり収入が多くないという方でも東京スター銀行では住宅ローンを組むことができるようになっています。

 

もし、収入の面で住宅ローンの審査に落ちてしまってどうしようか迷っているという方がおられましたら、東京スター銀行の住宅ローンをチェックしてみてください。

 

審査について問題がないという方でも繰上返済と同様の効果を発揮する預金連動制度は有効活用できると思いますよ。

 

預金が増えていけばどんどん金利が0パーセントに近づき預金額と借入額が同じになると金利0パーセントで住宅ローンを利用することができるようになります。

 

 

 

新生銀行の住宅ローン

2013/04/23

住宅の新築を考えより有利な住宅ローンを探しているという方は新生銀行の住宅ローン商品を確認してみてください。

 

従来は制限がついていた「パワースマート住宅ローン」が注文住宅や建て替えの場合でも利用することができるようになっていています。

 

それに加えて新生銀行の住宅ローンでは借り換えでも最長35年で組み替えることが可能で、現在の住宅ローンの返済が重荷になっているという方には月々の負担を減らすことができるようになっています。

 

また、新生銀行では多くの銀行が保証会社の保証をつけて住宅ローンを販売しているのに対して、保証会社自体を利用していないことから通常かかる保証料がかからないというメリットがあります。

 

もし、以前「パワースマート住宅ローン」が利用できなかったという方や借り換え・保証料無料の住宅ローンを探しているという方は新生銀行の住宅ローンをチェックしてみてください。

 

ちなみに、近年需要が高まっている繰り上げ返済の手数料無料についても新生銀行は対応しており、繰上返済分が借入元本に充当されることで返済期間を短縮することも可能となっています。

 

 

 

住宅ローンを比較してみよう

2013/04/23

住宅ローンとひとくちにいっても、固定金利や変動金利など基本的な情報についての知識はもちろん必要になりますが、各社ごとに商品をきちんと比較してみるということが必要です。

 

住宅ローンといっても様々な分類がありその種別によって各社特徴があり比較することでより有利に住宅ローンを組むことができるようになります。

 

一例を紹介すると「新築ローン」「中古ローン」「土地購入ローン」「増改築ローン」「リフォームローン」「借り換えローン」などがあり目的ごとに差異が生じることが特徴です。

 

一般的に最長借入期間は35年というのが普通ですが、金利がある程度上昇することに目をつぶれば最長借入期間が40年という住宅ローンを販売している業者さんもいらっしゃいます。

 

また、土地購入に特化している住宅ローンを扱う業者さんの中には最長借入期間が50年に設定できるというプランもあり、金利だけで比較するのではなく様々な要因により比較することで
住宅購入を検討している方にとってより有利に住宅を手に入れることができるようになりますよ。

 

 

 

住宅ローンの種類を知ろう

2013/04/23

myhome480

 

住宅ローンを検討しているという方にとって制度面や計算方法等普通に生活していくうえであまり接さない情報に触れなければいけないので不安に感じているという方もおられると思います。

 

そういった方々はまずは住宅ローンの種類を知るということを考えてみてください。

 

住宅ローンというと「固定金利」「変動金利」というように金利の種類がまず思い浮かぶかと思いますが、住宅を購入する場合にローンを組む場合大きくわけて「公的ローン」と「民間ローン」があります。

 

この公的ローンは利用するための資格や制限が厳しいことが特徴で資格があり手間が苦ではないという方にはまずは検討する種類の住宅ローンです。

 

また、「民間住宅ローン」というといわゆる金融機関やノンバンクが扱っている住宅ローンであり、利用する資格や制限が公的住宅ローンよりも緩やかな分金利等の負担が若干重くなります。

 

このように何処から借りれるのかで住宅ローンの種類も大きくかわります。

 

これが一般的にまず住宅金融公庫から借り入れをして、足りない分は金融機関の住宅ローンを利用するという動きにつながります。

 

 

 

住信SBIネット銀行の住宅ローン

2013/04/23

住宅ローンを検討していて民間の金融機関が販売している商品を検討しているという方は住信SBIネット銀行の住宅ローンも選択肢のひとつにいれてみてください。

 

ネット銀行だから実現できる金利が大きな特徴であり、それに加えて銀行負担による団体信用生命保険への加入と8疾病保障が付帯されることにより万が一の事態に保険金によって住宅ローンの完済が可能になっています。

 

現在の健康状態が良好だという方ならば上記の8疾病保障を利用することによって、就業不能状態になっても月々の返済が保障されるということはメリットが大きい商品といえます。

 

また、住信SBIネット銀行では金銭的に余裕がある時に一部繰上返済を考える方のために、1円から手数料0円で繰上返済が可能となっていて、ローン残高を減らすということに関してとても利用しやすいようになっています。

 

もし、住宅ローン商品について少し調べているという方はぜひ住信SBIネット銀行の住宅ローン商品をチェックしてみてください。

 

ちなみに、借入金の返済額のシミュレーションや仮審査等はネット上で利用できるようになっているのでそちらのほうも確認してみてください。

 

 

 

三菱東京UFJ銀行の住宅ローン

2013/04/23

住宅ローンについてフラット35を活用することを前提に住宅ローンを組もうと考えている方は三菱東京UFJ銀行の住宅ローンを検討するということを忘れずにチェックしてみてください。

 

【フ ラット35保証型住宅ローン】を三菱東京UFJ銀行の住宅ローンでは取り扱っていて、買取型のフラット35と異なり、団体信用声明保険料は銀行側の負担と なり、一部繰上返済につては1円から可能であり、疾病保障や金利優遇特典が利用できる点で、三菱東京UFJ銀行の住宅ローンは従来のタイプよりメリットが 大きくなっています。

 

また、三菱東京UFJ銀行の住宅ローンでは、住宅の建設費または購入価額だけではなく住宅関連諸費用も含めて借り入れ可能な【住宅融資保険付住宅ローン】という商品も取り扱っています。

 

民間住宅ローンの利用はモチロン、公的住宅ローンも含めて検討しているという方は一度は三菱東京UFJ銀行の住宅ローンをチェックしてみてください。

 

ちなみに三菱東京UFJ銀行では独自の長期固定金利住宅ローンも販売しているので、そちらのほうも確認してみてください。

 

 

 

三井住友銀行の住宅ローン

2013/04/23

繰上返済を簡単に行える住宅ローンを利用したいと考えている方やライフスタイルにあった種類の住宅ローンを利用したいと考えている方は、三井住友銀行の住宅ローンを確認してみてください。

 

この三井住友銀行の住宅ローンはネットバンキングを利用して簡単に繰り上げ返済が可能であり、余裕があるときは大目に返済したいと考えている方には利用しやすいサービスを行っています。

 

また、三井住友銀行では複数の金利タイプを組み合わせるミックスプランが大きな特徴で、長期固定金利型と変動金利型・固定金利特約型を組み合わせることでリスクを軽減した形での住宅ローンを組むことができるということが高く評価されています。

 

な お、もしもの事態が起きた場合、たとえば地震や台風の被害に関しては、「自然災害時返済一部免除特約付住宅ローン」というものがあり、融資対象物件が自然 災害に罹災した場合には住宅ローンの返済が一部免除になるというプランが用意されているということも大きな特徴ですよ。

 

ちなみに来店不要型住宅ローン「ネットdeホーム」という商品でも三井住友銀行は有名ですよ。